尾道で不眠むくみホットフラッシュの更年期障害をラクにしホルモンバランスを整えます

更年期障害ホルモンバランス

 

女性フェイシャルエステを受けている写真

 

 

 

 

 

40代、50代の女性に当てはまる
更年期障害とは加齢によるホルモンバランスの乱れ
が原因で起こる心身の不調のことを指します。

 

女性の一生は
思春期・性成熟期・更年期・高齢期
の4つにわけられます。

 

 

季節に例えると更年期(40代〜50代)は

”秋” に当たります

 

 

SweetMoonでは
あなたが今40代、50代で
心身共にあらゆる不調が出はじめ
ツラい思いで日々を過ごしていらっしゃるとしたら

 

 

更年期症状も自然の摂理という

サイクルで起こるいち変化であり、

病気だと落ち込む必要はないですよと

お伝えしています。

 

 

森林の写真

 

 

人生の折り返し地点にさしかかり
冬に当たる高齢期の準備期間。
大切な季節だからこそ
激しく身体が変化するのは
ある部分では致し方ないのですね。

 

更年期障害の症状は
ひとにより出方がさまざまであり
不調の度合いもひとによって違います。

 

大まかに症状を分けると

 

 

     

    • メンタルの不安定 (気持がふさぐ、不安感、イライラ、焦燥感、興奮)
    • 消化器系 (胃や腸が重たい、便秘や下痢)
    • 自律神経系 (頭痛、のぼせ、ほてり、汗をかきやすい、体温の低下、心臓がバクバクする、眠りづらい)
    • 身体の不調 (肩こり、なんとなく疲れやすくだるい、腰痛)
    • 皮膚 (乾燥、湿疹)
    • 泌尿器・生殖器 (月経不順、月経痛、月経困難症、PMS、頻尿、残尿)

     

 

 

が代表的です。

 

 

え?更年期障害がひどくなる原因がストレス?

 

ストレスを受けた時の脳のイメージイラスト

 

 

更年期障害はバランスの良いホルモン分泌が
されなくなったときに起こる
身体的要因
(女性ホルモンであるエストロゲン・プロゲステロンの減少)
が主な原因です。

 

 

その一方で

 

 

仕事や家庭などの人間関係を含めた

環境的要因と、

それらを受けた心理的要因も

更年期障害を悪化させる

原因となります。

 

 

 

覚悟はしていたけど

 

著しい体力の低下

 

は精神的にもショックが大きく
今までのように身体が思うように動きません。
激しい息切れに自分でとまどう。
こんなに脆かったかな?と
ショックを受けますよね。

 

 

 

「あ〜年齢が気になる。

鏡を見たらなんだか老け込んだみたい。」

 

 

 

更年期障害ホルモンバランスの乱れ
いっそう憂鬱に感じるのは
まるで台風が過ぎ去るのをじっと待つしかないような
どこかあきらめに近い感情を抱えてしまう
からではないでしょうか。

 

 

 

ホルモンバランスは意識的にコントロールできない

 

女性ホルモン卵巣のイメージイラスト

 

ホルモンバランスを保つのに必要な
女性ホルモンの分泌や
脳の視床下部の働き
(汗をかく、胃腸の働き、温度調節など)は

 

意識してコントロールすることが

できませんよね。

 

身体的変化なのでこればかりは
仕方がありません。

 

変えられないものを変えようとするのではなく
変えていけそうなものから
少しずつ変えていくことが
ストレスをやわらげる秘訣です。

 

ホルモンバランスを整えると
ひとことで言っても

 

個人差があるというよりは

『個人差しかない』のではないでしょうか。

 

 

冬にめっぽう弱い方、暑さが苦手な方、
湿度が嫌いな方、乾燥だけはお手上げな方、
腸は強いけど偏頭痛は対応できないように。

 

SweetMoonでは
心理カウンセリングには
時間をかけて
あなたの心身とお声に耳を傾けます。

 

更年期障害を軽くして心身をコントロールする

 

女性ホルモンハートを抱く女性写真

 

更年期障害原因そのものを
変えることは残念ながらできません。

 

しかし

 

更年期障害の症状を和らげ、

ストレスに向き合う力

”ストレスマネジメント” を

アップさせることは可能です。

 

 

あなたの身体はこわばり、ストレスを感じ
固くなっていることでしょう。

 

常に力が入っているのでふとした時に
ドッと疲れがでる。最近疲れやすくなったなぁ〜
と実感があるあなたは心身が調子を取り戻したときには
健康な自分を実感しやすいと言えるでしょう。

 

「なんだか前よりも

笑顔が増えてきた気がする・・」

 

こんな些細な変化でも
ストレスに対する認識・実感は
違ってくるものですよ。

SweetMoonのアプローチ

 

アロマセラピストによる肩のトリートメントの写真

 

整体(メディカルマッサージ)で
コリが特にひどい部分である
トリガーポイント(圧痛点=筋肉の硬結部)にアプローチし
筋肉の緊張をほぐしていきます。

 

仙骨上(ウエストの背面部あたり)にあるホルモンバランスを整える
ツボも押します。

 

メディカルアロマトリートメント
お客様の呼吸に合わせながら
デコルテと背中を中心に
ソフトなタッチングでなでさすり
リンパの流れをスムーズに
流していきます。

 

 

 

精油は主に

  • クラリーセージ(痛みを和らげて静める)
  • スターアニス(ホルモン様作用)
  • アトラスシダー(ホルモンバランスを整える)
  • ゼラニウム(滞りをスムーズにする働き)

をブレンド。

 

アロマテラピーの精油と植物のイラスト

 

クラリーセージ
は体内に取り込まれると女性ホルモンと同じ働きをする
”ホルモン様(よう)作用 ”がある精油。
同じようにホルモン調整をしてくれる精油に
スターアニス・アトラスシダー・ゼラニウムがある。
更年期症状がしんどい時に
あなたの心身を優しくサポートしてくれます。

 

ホットストーン

アロマトリートメントのホットストーンを背中に乗せている女性の写真

 

ご希望のお客様には
ホットストーン
お身体を芯から温めて
トリートメントし筋肉をしっかりゆるめます。

 

施術後は
身体がポカポカし温泉に入ったかのような
状態になれますよ。
(オプション料はございません。お気軽にお申し付けください。)

 

 

 

同じ40代50代の女性としてあなたをサポートします

応援する女性セラピストイラスト

 

 

更年期障害かな?と思ったら

 

なんとなく不安で心配。

心細くなってきますよね。

 

あまりにもツラいから病院に行こうかな?
薬を飲もうかな?と思うけど
化学物質はあまり身体にいれたくない。
お薬を常習化させたあとのことを考えると怖いなぁ。

 

 

みんなどうやって乗り切ってるんだろう?

 

 

誰かに相談してみよう、
話を聞いてほしい、
ラクになった方法があるなら
あなたも知りたいと思いますよね。

 

やはり同じ思いをした経験者に聞くのが
一番心強いと思うのです。
(旦那に聞いてもわかんないだろうし。気の持ちようとか言われたらイラッとするかも?)

 

私、セラピスト浅野
大丈夫と思っていた矢先に
更年期がやってきました。

 

今はすっかり元気ですが 笑

 

おひとりで悩まないでくださいね。

 

 

ただ年老いていくのではなく

素敵に年齢を重ねていける

輝くアラフォー・アラフィフを

共に目指しましょう!

 

 

オーナープロフィール
ご質問など
page top