尾道マッサージSweetMoonは1部屋のプライベートサロンです。

完全個室って?







こんばんわ。アロマトリートメントの完全個室サロン
SweetMoonのスタッフの小島です。

皆様のご愛読感謝しております。

さて・・・インターネットでいくつかサイトを持ち
ビジネスしているワタクシ小島は
常日頃から街の広告・チラシをはじめ
ネット上の広告にも割と意識を向けています。



「これはナイスキャッチコピーだ!」
「これはなんか微妙だな・・・」
「なるほど!こういう視点もあるのか!」

と言った具合です。


中でもお見事!と感じたキャッチコピーは
アップルの


「iPod。

1000曲をポケットに」



ですね。




他には結婚式場のキャッチコピーで


「約束は小指から薬指へ」


などなど・・・。



でも最近の広告は日本語がなんか変なのも多くないですか??
ってあまり人の事は言えませんが(笑)




まぁ小島視点ですが例えば上記の写真の万能昆布。



「何にでも使える万能昆布。おだしに、鍋ものに、煮豆に、野菜煮に。」








・・・ん?(-.-)それはいわゆる・・・









普通の昆布やん(-.-)





これが


肩叩きに! 精油に! ブラシに! カレーに! なんとビックリ・・・フリスビーに!
そしてそして使い古した後はエコバッグに!!(ジャパネット高田社長口調でよろしく♪)



・・・て言うなら僕の中で紛れもない「万能昆布」なんですけどね~。
いえ、普通に素晴らしい出汁が抽出されていたのですけどね。



この視点を我々のジャンル「アロマトリートメント、リラクゼーションサロン」
に置き換えてみると・・・


ハイ!出た!矛盾の数々!!



完全個室と個室の違いは何?

 

 

 

 

 

完全個室にこだわるお客様って多いんです。
なぜかと言うと

 

 

 

 

 

リラックスしたいから

 

 

 

心行くまで心身のメンテナンスをしたいからです。
ストレスなくまわりに気を使うことなく。

 

 

 

 

 

リラクゼーションサロンでは
ユニフォーム化された言語がこの
「完全個室」という文言。

 

 

 

行ってみたらカーテン一枚の仕切りしかなく
隣のオジサンの声が丸聞こえでちっとも落ち着かない・・・
という経験された方も多いんじゃないかな…と。

 

※小島もその一人

 

 

 

 

「あぁぁぁぁ~。いいね~。そこ強めで押して。
おおおおおお~。絶妙だね~。このお仕事長いの?君うまいね~・・・。」

 

 

 

これは例えるなら
お正月のUターンラッシュに
家まで新幹線の指定席を取って
のんびり座って帰ろうとしたのに
周りは小さい子供ばかりの家族連れで
ちっとも寝れなかった!!!

 

 

ってくらいの憔悴感が味わえます(笑)

 

 

 

 

これはすでに個室じゃありませんね(笑)
これで完全個室と書いており
いざ入店したらショックですね(^_^.)

 

 

 

 

 

仮に・・・か・り・に・!

 

 

 

 

 

5部屋くらいあるサロンでも
完全個室と言うのは
なんだか微妙な気がします(-.-)

 

 

 

それはただの

 

 

 

 

 

個室でしかない

 

 

 

 

と素朴に思うわけです。
まぁ「不完全個室」とは書く訳もないか(笑)

 

 

 

それに対し当店SweetMoonは胸を張って

 

 

 

 

 

 完全個室と断言できます。

 

 

 

 

 

なぜか?・・・その理由は

 

 

 

 

1部屋しかないから(笑)

 

 

 

 

 

 

これからは

 

 

絶対完全個室

 

 

 

というウリに変えてみようかな(しないけど)と
脳裏をよぎった小島でした。

 

 

 

 

セラピストの浅野に伝えたら
「アキさん、酔ってるんですか?」
と言われました。

 

 

 

個室ー!(コイツー)

 

 

 

あ、ありがとうございました☆

 

 

 

 

 

 

 

オーナープロフィール
ご質問フォーム
page top