夏のぎっくり腰と体温低下対策

夏のぎっくり腰と体温低下対策

ぎっくり腰の対策のコツを5つご紹介♪



こんばんわ!

SweetMoonのHPスタッフの小島です。
いつもの皆様のご愛読感謝しております。



夏バテで体も精神も参っていませんか~?



さて、前回の記事で

夏のぎっくり腰は体温低下が原因である

とお伝えしました。




ぎっくり腰になる女性のイラスト



それもエアコンによる



急激な体温の低下



「夏だから身体を冷たくせんと!」ってのは
炎天下の中、農業を営んでいるとか
現場で足場を組んでいる人の話です。




エアコンでキンキンに冷めたい部屋で
仕事をしているあなたの体温は低下し
臓器にも負担がかかっていることでしょう。


こうなると



  • なんかダルイ
  • なんかしんどい
  • なんか覇気がない
  • 元気が出ない
  • 理由はないけどやる気が出ない


という「病気」・・・ほどでもない



長期にわたる不調(不定愁訴)に悩むことになります。





今日はこのエアコンによる現代の体温の低下
の対策を5つお教えしますね♪


過剰な体温の低下から体を守るちょっとした
ひと工夫でお体の不調はかなり
マシになりますよ♪




また、



  • ぎっくり腰になりかけた人
  • またなったことがある人
  • なんだか腰周りに不安定さを感じる人
  • 腰の痛みに長い間悩んでいる人
  • 腰がおもだるーい人




にも症状をマシにさせる
期待が持てる方法です★

夏でも身体を冷やさない5つの工夫

 

対策① 重ね着をする

 

 

 

 

 

具体的には

 

 

  • 靴下をはく
  • 一枚羽織るものを持参
  • ヒートテック着用

 

体内の温度を必要以上に下げないで
済む工夫ですね。

 

丸一日エアコン下におり、体が体温が低い方は
職場でハイソックスに履き替えるなどすれば
より効果的ですね。

 

 

 

対策② Hotドリンクを飲む

 

 

 

 

 

 

身体を温めるショウガスープはおススメです♪

 

 

温かいモノを飲むメリットは

 

 

 

少量で喉の渇きを癒せることにあります。

 

 

 

大量に飲まないことで不必要に胃液を薄めないで済み
臓器への負担を減らすことが出来ます。
臓器も運動していますから熱を発します。

 

 

 

エアコンとキンキンに冷たい飲み物
のダブルパンチで臓器の運動量も減ってしまうので
さらに体温は低下してしまいます。

 

 

 

 

できる範囲内でHotドリンクを取り入れ出来る限り常温の飲み物を♪

 

 

 

 

対策③ 腎臓周りを両手で1,2分撫でさする

 

 

 

 

 

 

朝起きた時と夜寝るときにしてみてください♪
余力があればお腹周りも「の」の字でさすってあげましょう♪

 

 

 

対策④ 朝と寝る前に白湯を飲む

 

 

 

 

対策②とかぶりますが

 

 

お肌の調子が上がり化粧ノリが良くなるので女性にもおススメです★

 

 

 

コツは続けることです♪
じわじわボディブローのように
効いてきますし、体調も上がってくると
思います★

 

 

 

 

対策⑤ 38℃前後のぬるめのお湯に20分以上浸かる

 

 

 

 

 

 

この浸かり方が体の深部まで
温まる方法なのですね。

 

 

夏だからこそお湯に浸かることで
体温がじんわり上がります。

 

もちろん
健康パワーアップになりますので

 

 

 

不眠・気分の落ち込みにも効果があります

 

 

ここで注意点をひとつ!

 

 

 

 熱めのお湯に5分だけ!みたいな浸かり方はNGです。

 

 

 

これでは表面温度を上げたにすぎず
体が芯まで温まりません。
しーっかりじーっくりぬるめのお湯に
浸かり汗をかいてみてくださいね。

 

 

ぎっくり腰にもつながりやすい体温低下対策
を5つご紹介しました♪
ありがとうございました。

 

 

オーナープロフィール
ご質問フォーム
page top