果物の正しい摂取の仕方

果物の正しい摂取の仕方



「どうやら年貢の納め時がやってきたらしい・・・」





無関係



ちょっと言ってみたかっただけです(笑)


こんばんわ。SweetMoonのスタッフの小島です。
みなさまのいつものご愛読感謝しております。



さて、何回かにわけてこのスタッフブログでは
循環機能を上げる食事方法、健康体に生まれ変われる食事方法
”ナチュラルハイジーン”をご紹介しております。



前前回の記事では果物には酵素の力がふんだんに含まれており
我々の体の健康はこの酵素パワーが欠かせない・・というものでした。





あなたは果物食べてますか?







しかし!鹿師!!



ショクゴノデザート、缶詰のみかんやパイナップル、これらは同じ果物と言えど




   NGでございます。





なぜなのか?



答えは「食べ方」と「加工」にあります。




まず、ナチュラルハイジーンでは果物は



空腹時に食べるのが望ましいのです



これは消化の観点からです。




さきにご飯を食べてから果物を食べると胃の中で果物は




腐りますよー(-.-)



ここは気を付けたいものです。




果物は水分を豊富に含んでいますね?
空腹時に酵素パワーたっぷりの果物の水分は
命の水と化します。





命の水・・・


例えば



砂漠のど真ん中で脱水症状になり喉がカラッカラ
になっているあなたはステーキを食べたいと思うでしょうか?


パサパサのサンドイッチを選ぶでしょうか?
スイートポテトの甘みを欲するでしょうか?
日本人の心である米でしょうか?



いえいえ!



見るからに瑞々しい梨があればやはり梨を食べるでしょう?



極端な話ですがやはり果物パワーって凄いんですよね。
その果物パワーは最大限に取りこみたいものです。




果物が陳列されている写真




先に胃の中に入ってしまった食べ物を消化中に果物を食べると
水分から吸収しようとする消化の働きを非常に妨げてしまいます。



胃腸の弱い方ならば経験があるかと思いますが、



食後にスイカやメロンなど、水分の多い果物を食べた後に
胃が痛くなったりゲップが止まらないという症状を経験された方は
いませんか?



地味に痛いんですよね(T_T)
この症状こそ





消化吸収が妨げられている証拠です





果物は空腹時、または食事の際には先に頂いた方が
胃腸の負担をかなり和らげてくれますから
ショクゴノデザートはアウト!ということになります。





次に・・・缶詰のみかんやパインがなぜだめなのか?





缶詰のみかんやパインは「加工食品」だからです。
加工食品には大量の人工添加物が含まれています。



身体にはもちろん有害です。
加工段階で酵素のパワーも減りますし。



ナチュラルハイジーンでは加工食品や添加物は「悪」も同然な扱いです。
出来る限り控えたほうがよさそうです。





ちなみに酵素は




野菜にも含まれています












そして酵素パワーは



生食こそ最大限に生かせるのです!



野菜を食べる時も基本的に生野菜サラダがイイですね♪



しかし野菜は炒めたり、天ぷらにしたり、レンジでチンして
温野菜にして食べることもあります。
また加熱しないと食せない素材もある。
(きのことか)



実はこの酵素・・・



48℃以上の加熱でほぼ死滅すると言われています



もちろん熱に強いキャベツなどもありますが
基本的に野菜は熱を加えると栄養素は死ぬんですね~。
ビタミンなんかもそうですよね。



健康でハツラツとした身体を維持するためには
果物と野菜に含まれている酵素のパワーを最大限に
吸収する。



そのためには果物も野菜も



できるだけ生食すること



が大切です♪

生野菜摂らない人や果物摂らない人って「ガン」
になる人多いとかなんとか言われていた時期もありました。
やはり”酵素パワー”を体内に最大限に取りいれ
体内を活性化することと繫がりがあるのかもしれませんね~。

ありがとうございました。


オーナープロフィール
ご質問フォーム
page top