自律神経の乱れ更年期障害にはアロマセラピー

アラフォー女性の更年期~自律神経乱れタイプ②

自律神経の乱れの更年期障害対処法♪( ´ ▽ ` )ノ

自律神経に働きかけるアロマセラピー(芳香療法)を上手に活用♪

 

 

アロマセラピーイラスト

 

前回記事 「アラフォー女性の更年期~自律神経の乱れタイプ①~」

 

の対処法を書いていきますね!

 

 

 

基本的には同じ更年期障害なので

 

前々回記事: 「アラフォー女性の更年期~卵巣疲れタイプ~」

 

 

 

も参考にして頂きつつ(^^)

 

 

①手足を温め、血流を良くする

 

 

交感神経優位→ガチガチ→血管収縮→血行不良

 

 

 

になりますので

 

 

リフレクソロジーやフットバスで足先から温める

 

 

フットバスにはアロマセラピーを取り入れてみましょう♪

 

洗面器に42℃くらいの少し熱めのお湯をはり、
精油を3滴ポチョンと投入(b゚v`*)

 

オススメの精油は、
エストロゲン様作用(女性ホルモンを整えてくれる)
血流を良くしてくれる働きのある

 

 

 

  • カモミールローマン
  • ゼラニウム
  • ジュニパーベリー
  • グレープフルーツ
  • マジョラムスィート
  • シナモンカッシァ

 

 

 

 

ですヽ(*^ω^*)ノ

 

 

ただのお湯ではなく、アロマセラピー(芳香療法)の

 

精油を入れる理由は

 

 

匂いは脳の大脳辺縁系(感情)に直接訴えかけるので精神をおおきく左右するからです。

大脳辺縁系イラスト

 

また、「大脳辺縁系」は

 

視床下部と関連しながら自律神経系やホルモン分泌機能を調節しています

 

 

※大脳辺縁系・・・大脳の内面にあり感情や欲求などの情動に関与し”情動脳”と呼ばれる

 

視床下部・・・自律神経をコントロールする部位

 

 

 

 

あなたの気持ちと身体(脳)がアロマの香りにより”リラックス”を
記憶しますのでリラックスしやすい心身になっていきます♪

 

 

 

 

 

 

②頭と下半身を集中的にケア♪

 

 

頭を冷やしてあげたり(ほてり・のぼせ対策)、
足の指にネイルをすると、綺麗な足元に
ほっこり( ´ ▽ ` )しますよね~♪

 

顔もガチガチになっていることが多いので、
フェイシャルアロマエステでゆるめてあげましょう♪
ホットEYEマスク(ローズマリー)もかなりスッキリできるのでおススメ☆

 

 

 

 

 

 

③背中と仙骨を温める

 

 

自律神経が張り巡らされている
背中や仙骨を温めるといいですね!

 

 

※仙骨は『仙人の骨』『神聖な骨』という意味を持つ、
骨盤の中央にあります。
お尻の真ん中、シッポの辺りですねd(^_^o)

 

 

お肌もスッキリして一石二鳥!?(笑)

 

 

 

 

 

 

 

④自分を認めて褒めて撫でさすってあげる♪

 

 

いわゆる「タッチング」による癒しです

 

セルフヒーリングですね♪

 

 

 

 

心臓(ハート)のあたりを
優しく撫でさすってあげましょう♪
いきなり何の前触れもなく更年期障害
が襲ってくるのですから

 

お身体もですが精神的に凹みます(T_T)

 

 

タッチング、セルフヒーリングはお風呂の中、寝る前などひとりの時間を取ってやってみるといいですね♪

 

 

 

私、よく頑張ってるね♪

 

そうそう、その調子でいいよ♪

 

今日も笑顔を絶やさなかったね♪

 

しんどいけど逃げなかったね♪

 

明日も無理しない程度に頑張ろう♪

 

私は私らしくていいよね♪

 

私は最高♪

 

私は美人♪

 

私は愛される価値がある♪

 

私は大丈夫♪

 

 

 

などの言葉をかけてあげながら。

 

 

 

 

 

 

 

自分で自分のことを受け止めしっかりほめてあげてくださいねヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

 

 

自身を責めてはいけません!
むしろ褒めてあげましょう♪
身体はあなたのお声を一番聞いていますから。
先ずは ゆっくり、たくさん睡眠を取って、
副交感神経を優位にしましょうね(*^^*)

 

 

次回は主に精神面に出てくる更年期障害
「セロトニン不足タイプ」
について書いていきますね♪
最後までお読みいただき
ありがとうございました☆

 

 

 

オーナープロフィール
ご質問フォーム
page top