低体温が引き起こす症状 【冷え性】

低体温が引き起こす症状 【冷え性】 

冷え性は免疫力を低下させる

女性には多い末端冷え性が急増中

 

こんにちは♪
アロマトリートメントと整体で
心身のしぶといお疲れをスッとラクにする
SweetMoonセラピストの浅野です(*^_^*)

 

冷えは万病の元と言われていますよね。

 

 

と、その前に前回のおさらいを

 

体温が1℃下がると免疫力が30%も低下します。

 

 

前回の記事では
あなたが
中長期間の長期にわたる原因不明の体調不良
で悩まされているのだとすれば

 

体温の低下=免疫力の低下

 

が原因となっているかもしれませんよ!?
と書きました♪

 

前回記事 :「2016年は免疫力を上げよう」

 

 

ちなみに【低体温】とは一般的に平熱が36℃以下のことを言います(o´エ`o)b

 

通常人間の平熱は

 

36.5~37.1℃

 

ですが
35度台ともなるとかなりお身体が冷えていると
言っても差支えなさそうですね(*>д<)

 

 

ちなみに体温が

 

  • 35.4度→アトピーやアレルギー症状が表面化する
  • 35.5度→がん細胞が好む

 

 

 

とも言われております。
ガン細胞が好きな体温!?Σ(O_O;)」
浅野も焦りましたが、あるんですよ~(тωт`)

 

どちらにせよ

 

体温の低下が免疫力の低下に繋がる可能性は否定できませんね(゚д゚lll)

 

 

 

今日は【冷え性】でも特に!この季節に多くみられる

 

 

  • 手足が冷え冷え
  • 常に指先がヒンヤリ冷たい
  • カイロやお湯で温めても温めてもすぐに冷える

 

という、いわゆる

 

 

末端冷え性について(^^;;

 

外から温めてもすぐに冷えるのには
理由があります。

 

SweetMoonの女性のお客様にも
非常に多く見られる症状のひとつが

 

末端冷え性です(*´・ω・`)b

冷えた血液の循環で引き起こされる末端冷え性

末端冷え性の主な原因は血液循環の悪化にあります☆

 

血液循環が悪い=冷えているから

 

なのですが
ではどこが冷えているのでしょうか(・・?)
もちろん身体なのですが

 

 

答えは

 

 

 内臓が冷え冷えなのです。

 

 

 

 

つまり

 

末端冷え性は
冷えた血液が循環されることにより
指先・足先の毛細血管まで
運ばれることにより起こっているのですねd(>ω<。)

 

 

身体の内側の冷えの解消には外側よりも内側からアプローチした方が効果的です。

 

具体的な対策としては

 

  • 冷たい飲み物は控える
  • ゆっくりと入浴する (身体の芯まで温める)
  • スパイス系のハーブティを飲む (保温効果は抜群です)
  • 季節の根野菜を頂く
  • 発酵食品を摂る(酵素パワーです。)

 

 

というように、主に

 

食べ物・飲み物をひと工夫するだけで変わる場合もあります(´∀`*)

 

 

 

食事は毎日3回のことなので
日々重なっていくと体質が変わるはずです♪
参考になさってみてくださいねd(〃v〃)

 

『食』
に関する冷え症(末端冷え性)対策
をお伝えしましたが実は

 

身体を冷やす食べ物も存在します

 

しかも!
その食べ物は

 

 

  • もちろん免疫力を下げます
  • 消化吸収力を下げます
  • 腸内環境を悪化させます
  • 便秘にもなりやすく
  • うつっぽくもなります

 

そして

 

婦人病の症状を悪化させるとも言われております(ω |||)

 

 

 

冷え→免疫力の低下→痛み・不調の原因→慢性化・長期化
というサイクルに陥りやすいほど
日常的に誰しもが食べているものなんですよd(・ω・*)

 

 

次回、書いてまいりますね(〃v〃)

 

 

オーナープロフィール
ご質問フォーム
page top